日本代表と浦和レッズ サッカーの記憶室

ブラジルからロシアへ 日本代表と浦和レッズのサッカーを中心に、書き続けます

ひどかった天皇杯 vs鹿島

それにしてもひどい試合でした。

後味が悪い試合。

なかなかチームとしてまだ統制がとれてないのかな。失点シーンはもう見飽きたよ。

来年の心配もあるけど、ACLはまだ残っているし、全ての力をそこに向けていこう。

 

特定の選手に対する批判も多い。個人的には、少し休ませた方がよいようにも思う。

失点シーンがそれでまるっきり減るかどうかはわからないけど、明らかにパフォーマンスは落ちているので。

 

そういう点では、森脇はいい意味で変わったね。

気合いれたプレイを見せるようになってくれた。浦和のために頑張っているというのが伝わってくる。サッカーでそれを返そうと頑張ってくれている。

 

話題はそれましたが、今日の天皇杯は武藤の頑張りにも感動しました。ライン際をドリブルする背番号9は福田を見ているようで笑

ゴールも決めてくれたしディフェンスも頑張った。

だからこそ本当に勝ち進んでほしかったな。

気持ちの整理つけるまで時間がかかりました。

最後に、熊谷という慣れない地まで、現地へ行かれた方、おつかれさまでした。

 

浦和 川崎 ACL 奇跡の埼スタ

浦和レッズ川崎フロンターレとのACLラウンド8

浦和は川崎で行われた1st legで1-3で結構ひどい内容で負けて、

かつ前節に、柏にもJリーグで負けて本当にチーム状況良くない中の試合。

 

僕も現地観戦したが、正直勝てるのかどうか半信半疑であった。

 

試合展開としては、前半19分先制点を入れられてしまう。

こっから三点入れないと延長にもならず敗北か、、とかなりつらい気持ちになった。

ただ、ゴール裏はまだあきらめてなかったのもありスタジアムの熱い雰囲気は変わってなかったように思う。

そして、興梠が一点返してスタジアムが盛り上がった直後にこの試合のポイントの場面になる。

なんと、川崎の車屋が興梠にスパイクの足裏を見せて退場。

これで川崎は一人少なくなる。その後の選手交代で中村憲剛を川崎はさげる。これは、浦和の選手やサポーターを勇気づける交代になった。

僕も、一人やっかいなのがいなくなったと思えたので笑

後半は、浦和の一方的なペース。

マウリシオからズラタンへの交代は少しびっくりしたけど、これも大きなこの試合のポイント。フォーメーションを変えて、DFを一人減らして更に攻撃に厚みを増すことができた。

そして、ズラタンとラファエルシルバが点を入れ、一気にイーブンな状態に。

こうなると浦和の押せ押せムードは変わらず高木の逆転ゴールが生まれた。

 

新しい堀監督の素晴らしいところは戦況に応じてフォーメーションを変えたり選手を入れ替えることができるところだ。これは前ミシャ監督にはなかったところ。やはり状況に応じた戦い方が出来るというのはビッグゲームになればなるほど大事になってくると思う。

 

こうして、埼スタの奇跡は生まれた。

逆転してから僕はまともに試合を見れず、勝った瞬間は携帯を持つ手が震えた。

浦和の選手達に心から感謝。

そして次なる戦いへ。リーグは磐田戦、天皇杯は鹿島との試合がある。

ここを勝ちきれるとまたチームとしての力がグンと上がると思う。


f:id:yumenoshima24:20170917141842j:image


f:id:yumenoshima24:20170917141853j:image

 

大一番 最終予選オーストラリア戦 日本代表

ロシアワールドカップへ、後一勝!

ただ、代表の23人の中にセンターバックの控えを入れない少し監督の人選に??です。

 

ただ、もうここまで来たらひたすら勝利を祈るしかないわけです。

冷静に考えて今の日本の守備陣だと完封は難しい。だから二点とりたい。 

思い出す、四年前のあの日のオーストラリア戦のこと。

また素敵な思い出になりますように!

お久しぶりな記事、浦和の現状と浦和への思い

実は今年初めてのブログになります。

いろんなことが個人的にも、そしてサッカー界にもありました。

 

とりわけ浦和レッズは、2016年のCS敗北を引きずってしまい、シーズン序盤は調子よかったものの、四月の埼玉ダービーで負けてから大失速。もはや優勝とはとても言える雰囲気ではない状態になってしまいました。

 

監督もミシャが退任して堀監督に。

堀監督の初陣はこれまた埼玉ダービーでしたが、謎の失点癖がなおらず、2-2の引き分け。でも、これは負けなくて良かったとも言えます。

 

今の浦和は過去を受け止めて、勝利だけを追い求めて地道に一つ一つのプレイに自信をつけていくしかないと思います。あとは若手の台頭と、助っ人外国人の活用を期待。

 

僕は、浦和が優勝する日を楽しみに待っています。