日本代表と浦和レッズ サッカーの記憶室

ブラジルからロシアへ 日本代表と浦和レッズのサッカーを中心に、書き続けます

アジア大会 ラウンド16 9/25 日本 パレスチナ

アジア大会・サッカー◇

男子決勝トーナメント◇

9月25日◇
韓国・華城総合運動場

GK 牲川歩見(20=磐田)
DF 室屋成(20=明大)
DF 岩波拓也(20=神戸)
DF 植田直通(19=鹿島)
DF 秋野央樹(19=柏)
MF 遠藤航(21=湘南)
MF 大島僚太(21=川崎F)
MF 原川力(21=愛媛)
FW 野津田岳人(20=広島)
FW 中島翔哉(20=東京)
FW 鈴木武蔵(20=新潟)

負けたら即敗退のトーナメントへ駒を進めた日本。
初戦ラウンド16は、パレスチナとの対戦。
決勝トーナメントは一度負けたらそれで終わりなので
番狂わせも怖いのですが
日本は、終始実力差を見せつけ4-0で勝利しました。

まあこの相手のレベルに苦戦するようではリオ五輪で日本の姿をサッカーでは見れないと思うので危なげのない勝利が出来て良かったと思います。

この試合のハイライト動画



次のラウンド8は、準決勝進出をかけて、開催国の韓国と戦います。