読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本代表と浦和レッズ サッカーの記憶室

ブラジルからロシアへ 日本代表と浦和レッズのサッカーを中心に、書き続けます

時が一瞬止まったゴール 横浜vs浦和 2014J1 31節

横浜vs浦和 2014J1 31節
日産スタジアム

このスタジアムに来たのは多分20年ぶりくらい。
中学三年生の時に高校入学祝いということで
このスタジアムのこけら落としの試合のチケットを親からもらって友達と試合を見に行った記憶があります。

あの時は3月でまだ寒い冬でした。
凍えながら試合を見てどんな試合か全く覚えてません。

そんなこんなあれから10数年。
久しぶりにきました。

レッズはこの試合勝てば優勝へ近づく試合。
前節で興梠が骨折してしまい、エース不在ですがそこは気力でカバーしたいところ。

この試合、なかなかレッズもチャンスを作れずに苦しい試合展開でしたが
途中出場した関根が起死回生のゴール!

このゴール見た瞬間、一瞬時が止まりかけたような感覚になりました。
騒いでる周りのサポを見ながら凄い雰囲気のスタジアムの中で感傷的になってしまいました。

貴重な勝ち点3をゲット。
でも、まだ何も得ていない。

次節ガンバ大阪に勝てば8年ぶりのリーグ制覇です。
僕も埼玉スタジアム行ってきます。

にしても、関根は大事な試合で点を決めてくれている。
こういう存在は優勝を目指す上でチームには絶対必要。