読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本代表と浦和レッズ サッカーの記憶室

ブラジルからロシアへ 日本代表と浦和レッズのサッカーを中心に、書き続けます

ハリルホリッジ 最初の2歩

ハリルホリッジ。

アギーレに変わって新監督となった。

どんな人物かというと、ブラジルW杯で、アルジェリアを率いてベスト16。

優勝したドイツ相手にかなりの接戦まで持ち混んだ。

 

今回は就任初戦ということで多くの選手が使われた。

フィールドプレーヤーは招集した選手全員が使われた。

これは選手たちもとてもテンションが上がると思う。

 

肝心の試合はというと

就任初戦チュニジア相手には

2−0で勝利。

 

後半に出てきた本来ではスタメン組の本田・岡崎が格の違いを見せつけた。

 

次のウズベキスタン戦では

5−1と圧勝した。

 

2戦とも練習試合、しかも日本での開催なので結果に喜ぶばかりではもちろんだめだが、2戦目に関してはようやく宇佐美が代表初ゴールを決めることが出来た。

 

これは間違いなく日本の財産になると思う。

 

アギーレが疑惑により監督を交代した時は本当にどうなると思ったが「怪我の功名」でより良い監督を連れてこれた気がします。(特に選手のモチベーション管理がうまい。)

 

ではこの2戦のハイライト動画です。

御覧ください。