日本代表と浦和レッズ サッカーの記憶室

ブラジルからロシアへ 日本代表と浦和レッズのサッカーを中心に、書き続けます

2017年もおしまい

いろんなことがあった2017年

浦和レッズにとっては特にそうだったと思います。

本当にACL優勝できてよかったです。

今年はこの一点につきます。

 

正直、タイトルとるならぶっちぎりでリーグしかないと、開幕当時は思ってましたからね。

さいたまダービー以降、失点が積み重なり連敗に次ぐ連敗。

ここ何年間かで、負けた試合を続けて見ることがなかったので本当にストレスが溜まりました。

 

鹿島戦の後の森脇の謝罪や、

済州戦で乱闘されたり、、

某議員に絡まれたりも、ありました。

浦和を取り巻く環境が悪化をたどる中、ミシャも解任。

そして、関根の移籍。

 

勝ち残っていた、ACLも川崎にアウェイで1-3で負けた日はもう終わったなと思ってしまっていました。

 

その川崎にも運が味方したのもあって、逆転勝ち出来ました。あの日のスタジアムは何か神懸かってたと今でも思います。

 

来年はワールドカップイヤーでもあります。

浦和は久々にACLが無い一年。

しっかり若手を育成しながら、リーグタイトルをねらってほしいです。前半に勝ちきれなくても、後半に追い込めるチーム体制になれば、チャンスはあると思ってます。

 

浦和サポーター、そうじゃない方も、このブログを見た方、本当にありがとうございます。来年もよろしくお願いします。