読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本代表と浦和レッズ サッカーの記憶室

ブラジルからロシアへ 日本代表と浦和レッズのサッカーを中心に、書き続けます

2016J1 16節 広島vs浦和



2016 06 18 広島

浦和はこの試合を迎えるまで、鹿島とガンバ大阪相手に二連敗、しかも無得点という最悪のチーム状態だった。
五連戦の三試合目。
大阪アウェイから浦和に帰らず広島へ直接乗り込んだ。

先制は、広島だった。
いつもの感じの安い失点。カウンターってこんな簡単に決まるのか。

ただ、浦和も追いかける展開になったが、意外とパス回しはうまくいき、前二戦とは違う感じを受けた。

そして、前半のうちに関根と宇賀神のゴールで逆転に成功!
2-1で折り返す。

後半も、途中までは浦和ペース
興梠が何回かあった決定的なシーンを外しつづけた。
勝負の分岐点はここだったか。
広島は佐藤寿人を投入し、スタジアムの雰囲気も変わった。まるで、2014年のブラジルワールドカップで、コートジボワールドログバが出てきた時のように。

そして、槙野の凡ミスからコーナーを与えてしまい、塩谷に入れられる。
2-2
これで勝負あった。
メンタルが崩れたチームから点を取るのは比較的簡単だ。
3-2になり、浦和の監督はいつものようにテンパり始めて3人同時交代をする。ゲームかよ!!
けが人の柏木も投入。

これが四点目を相手に与えることになった。

正直どーしようもないサッカーだったが、本当に辛いよ、応援してるほうも。
槙野は特にやはり何かを勘違いしている。カッコつけたからコーナーをとられた。前日は、Twitterを更新しまくり。
本当に負けられなかったのは昨日の広島戦ではなく、ソウル戦であり鹿島戦だった。
ソウル戦ではやはりPKを蹴らなければいけなかった。メンタルが日本代表レベルではない。

優勝するまでTwitterはしないくらいの覚悟をもってもらいたい。

今のチームは本当に分裂している。それは選手だけではない。サポーターもだ。